産業保健分野に特化した『医療職向け転職・教育支援サイト』をオープン―プライマリー・アシスト



2015-06-17

プライマリー・アシスト

産業保健分野に特化した『医療職向け転職・教育支援サイト』をオープン―プライマリー・アシスト

医療職・介護職の人材紹介サービスに加え、ストレスチェック義務化により不足が見込まれる産業保健分野で勤務する医療職(産業医・保健師・看護師)の教育研修事業も手掛ける、プライマリー・アシスト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石山知良)は、2015年3月に創業し6月1日付で厚生労働大臣許可を受け人材サービス事業を新設、同日、『医療職向け転職・教育支援サイト』を公開、サービス提供を開始いたしました。
 (http://primary-assist.co.jp)
少子高齢化が加速するこの先10年間、企業は若年労働者確保が難しくなり、従業員が元気で長く活躍する環境整備が急務となって来ております。国はストレスチェックの義務化を法令化し従業員の心のケア(予防)強化を目指しており、その現場を支える医療職確保の支援を行います。

---------------------------------------------------------------------------------
【産業保健分野向け/転職・教育支援サイトの3つの特徴】
ストレスチェックの義務化に伴い不足することが予想されている、企業勤務する医療職(主に保健師・看護師向け)にサービスを提供するサイトです。

1.企業勤務を希望する医療職(保健師・看護師等)が、カンタン
 求人検索出来ます。医療機関への転職とは違い、企業医療職向けの
 求人情報(就業機会)は少なく、「それ“だけ”を探したい」というニーズに
 お応えした産業保健分野向けの転職支援サイトです。
 (http://primary-assist.co.jp/search/)

2.企業勤務未経験者でも、スキルアップ出来る教育支援サービスを完備。
 臨床経験が豊富であっても、企業勤務となると勝手が変わってきます。
 ストレスチェックが義務化となった背景には、企業健康管理室への
 メンタル相談の増加が1つにあげられ、相談内容も年々複雑化して来て
 おります。当社では、企業で働く為に必要な「メンタルヘルス講座」を
 開設しました。(http://primary-assist.co.jp/business/#02)
 当社へ登録して頂ける方には、セミナーが割引価格となる特典もご用意。
 企業勤務が未経験の皆様を応援して参ります。

≪講座内容≫
・時間:6時間(自己ストレス診断付)
・内容:最近のメンタル不全/安全配慮義務/4つのケア/
 1次予防から3次予防までなど
・費用:30,000円
・特典:[創業記念]当社へ登録をされる方は講座費用の10%を割引します。

3.就業後のサポート体制が安心
 企業勤務開始後、臨床現場との違いに戸惑うことは多く、早期離職に
 繋がることも少なくありません当社を通じて就業開始した医療職の方の、
 就業後サポートを実施しております。就業開始後、一定期間は専属の
 心理カウンセラーがバックアップをしておりメンタル相談で困っている
 場合などに的確なアドバイスを受けることが可能です。
---------------------------------------------------------------------------------

【市場の背景】
保健師の数は現在58,000人(2013年厚生労働省調査)
2007年度から人数は増加傾向も、企業勤務経験者数は不足をしております。大手企業の健康管理業務では、産業保健経験者(従業員の健康管理業務経験者)を求め、求職者側は産業保健未経験者が圧倒的に多いというネジレ現象が起きております。この度のストレスチェック義務化に伴い企業勤務する医療職のニーズは増加するものの、経験者数の不足が生じております。
これらを少しでも解決出来るべくサービス構築に取組んで参ります。

※当ページの情報は、プレスリリース配信各社の責任で提供されるものです。

最近のプレスリリース